龍谷大学 里山学・地域共生学オープン・リサーチ・センター シンポジウム
ホーム > シンポジウム > 筆者が語る 戦中『学級日誌』

戦中『学級日誌』展覧会、講演会のDVD完成について

 この6月に開催した上記の講演会および展覧会のDVDおよびビデオが完成しました。
 この学級日誌は、1944(昭和19)年4月から1945(昭和20)年3月にかけての1年間、大津市の瀬田国民学校(現・瀬田小学校)5年智組の女生徒らが描いたもので、戦時下の学校生活や行事、子ども達の心の動きを生き生きと伝えております。
 また、管理状態も良く、1年間分の全日誌がそろっている点で、当時の小学生の生活を映す資料としては極めて貴重なものです。
 DVDおよびビデオには、全日誌191枚と担任の西川綾子先生作成の各月ごとの表紙、それに講演会の際の西川先生の談話がそっくり入っています。
 南大萱「戦争の記憶展」委員会による手作りの作品です。あまり部数はないのですが、1部1300円プラス送料でお譲りするとのことです。
 希望の方は、下記の同委員会に連絡してください。

   〒520−2144
   大津市大萱2丁目18−31
     南大萱資料室
      南大萱「戦争の記憶展」委員会
   Tel・Fax 077-545-1696


瀬田国民学校 担任西川綾子氏


4月 分団作業とつばめと桜


5月 3時間目の防空訓練


6月 田植えと虫取り


7月 水田の草取り中に兵隊さんが乗った
汽車がとおる


8月 ほんとうに秋です 身体測定


9月 学習園で芋掘り


9月背表紙 疎開の受入れた状況について(メモ)


10月 日本晴れ 運動会の予行演習


11月 私たちの教室にはきれいな菊の花が
咲いています


12月 夕方に警戒警報が発令された


1月 サイレンが鳴ったので落ち着いて仕度を


2月 4時間目に空襲警報発令
大空にはたくさんすじがついた


3月 卒業式の前の日

※作品の無断複製・転載を禁止します。

ページ先頭にもどる