龍谷大学 里山学・地域共生学オープン・リサーチ・センター シンポジウム
ホーム > シンポジウム > 共存の森 関西 シンポジウム

共存の森 関西 シンポジウム 『森と共に生きる。〜吉野林業の名人から学ぶ〜』

日 時:2007年5月4日(祝) 開場 12:30 / 開演 13:00
場 所:龍谷大学瀬田学舎 7号館 講義室2 アクセスマップ
入場料:無料
チラシ:表(PDF 793KB)裏(PDF 589KB)

目的

 現在、人々にその価値を見出だされずその結果、放置され荒れ果てている多くの森林があります。それらのほとんどは燃料革命が起きる以前、人々の生活の大部分を担っていた里山や戦後大規模に植林された人工林です。
 しかし、そのような時代の移り変わりのなかでも森や自然と正面から向き合い、共に生きてきた“名人”がいます。今回のシンポジウムでは吉野林業の杉の種採り名人、杉本充さんをゲストとしてお招きし、名人の自然に対する思い、林業として森と接する生き方や名人の人生などを話していただきます。
 そして、私たちが無関心であった森林の現状や林業について知り、もっと身近に感じてもらうこと。また、自然と共に生きてきた名人の思いに触れてもらい、これから私たちが自然とどう付き合っていけばいいのか、そのようなことをじっくり考えるのが開催の目的です。

プログラム

特別講演 杉本 充氏(杉の種採り名人)
「森と歩む私の人生」
ゲスト講演 高橋 絵里奈氏 (京都大学フィールド科学教育研究センター研修員)
「木を選ぶ目を科学する―除間伐の選木名人垤忠一氏の人工林管理手法―」
ゲスト講演 宮浦 富保氏 (龍谷大学教授 / 里山学・地域共生学ORCセンター長)
「日本の森の歴史と将来」
パネルディスカッション
コーディネーター:吉野 奈保子氏 (NPO法人 樹木・環境ネットワーク協会事務局)

懇親会:自由参加(別途会費として500円が必要です)

主催

共存の森 関西 kyozon_kansai@yahoo.co.jp

後援

龍谷大学 里山学・地域共生学オープン・リサーチ・センター、龍谷大学 理工学部 環境ソリューション工学科

ページ先頭にもどる


龍谷大学 里山学・地域共生学オープン・リサーチ・センター事務局
〒612-8577
京都市伏見区深草塚本町67
TEL: 075-645-2184
FAX: 075-645-2240
E-Mail: